スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバウンド

1日経って体重を測ると50.2kgf・・・
これがリバウンドなんですな;;
スポンサーサイト

最終日

6/23
最終日になると日本に帰りたいと思っていた僕ももう終わりかと寂しくなってきました。
大会は長いようで、短かったです。特にジュニアパーティから急激に時間の感じ方が速くなったような気がします。

今日はスーパーチームのセミファイナルとファイナルがありました。
どうやらこれで順位が決まるっぽいです。

セミファイナルの相手はまたもドイツのチーム;;
この世界大会中5回目です。
前日に直していた相方のロボですが、試合中に煙を吹いて退場しました。
結果は1-40?ぐらいで負けました。
スーパーチームとしては1勝2負で負けました。

その後サッカーBのe^πi+1の方に原因であろうポイントを教えていただきました。
原因と考えられるのは、プログラム中のモータの回転方向をすぐに変えたことによるものだそうで、どこかにミスがあったんだと思います。

その後3位決定戦がありました。
対戦相手はアジア系の国でした。
で、試合の時間になっても相手のチームが来ず、審判の人が呼びにいきました。
それから相手のチームの人が来て、『間違えてロボットとパソコンとかを持って帰ってしまったので試合ができない。』みたいなことを言って僕が確認のために「I win ?」というと、『You Win.』と言ったので、サインしました。
不戦勝で勝ちました。
スーパーチームとしては2勝1負で勝ちました。

表彰式が始まるまで時間があったので、他のチームの人のところに行ってました。
エキシビジョンしてたりとか折り紙してたりとかすごく楽しかったです。
turu
この鶴は1枚の折り紙を少しつながるように切って作られています。
これはレスキューのTwo Peaceの人が作った鶴です。
僕も作ろうとしていたんですが、羽を開くときにプチッとやってしまいまして、失敗してしまいました。
綺麗にできてるので写真を撮らせてもらいました。


結果はスーパーチームで3位です。トロフィーと賞状をもらいました!
3位という実感はあんまり沸きませんが;
トロフィーの写真も今度載せます。

世界大会を終えた感想
 外国のロボットは速くてガードが固くて点をとれるロボットが多くて強い!
 
今回見たロボットの見た目や動きなどをこれからの製作に活かしていきたいです。

P.S. 帰ってきたときに体重を測ると49kgfになってました 0.5kgfぐらい減った!

5日目 日本人大好き

6/22
僕の目の下にくまができてるかも?

今日のスーパーチームは、台湾のチームとスイスのチームでした。
対戦表決めの話し合いは今日もうまくできたのでよかったです。

1戦目は昨日書いた通り、昨日と同じドイツのチームとの試合でした。
結果は1-38ぐらいでMoonがまた負けてしまいました。
この試合のときに僕のロボットがうまく後ろに下がらないなーと思ったら、超音波センサの位置がびみょーに高いことに気がつきました;;

2戦目はまたもドイツのチームに指名されました。
この試合の前に、相方のロボットのモータドライバから煙が出てきて、原因がわからず、相方のロボットはその後の試合に出られなくなってしまいました。
1戦目で超音波センサの位置が高いことに気がついたので、自陣に戻るプログラムを改良したことと、相手のロボが1台だけだったおかげで、結果は1-32になりました。結局負けてしまいましたが;
後半戦は失点を10点にすることができました。少しうれしかったです。

3戦目はどこの国かわからないチームを僕が指名して試合をしました。
相手もロボット1台で、1vs1での試合となりました。
前半、相手のロボットがボールを追いかけていなかったため、2回故障扱いにされました。
その時に、応援に来てくれていた他の日本のチームの人たちやメンターの人たちが、
「5.11 ロボットの故障のルールのこと言えば、試合はやく終わるよ」みたいなことをいっぱい僕に言ってくれました。
メンターの人が、審判の人にルールのことを言ってくれたりもしました。
僕は、なかなかそのことを審判に言い出せませんでしたが、すっごくうれしかったです。
その後、相手チームが「ロボットが壊れて、直らないからあなたの勝ちで試合を終わらせてもいいですか?」と行ってきたので、了承しました。

今日の成績は1勝2負 得失点差は-10でした。

Gorogoroさんが、個人戦のファイナルに進出し、会場にいた日本人がみんな集まって応援していました。
相手のチームは中国?みたいなチームでジョンミンのロボットみたいでした。
前半戦はGorogoroさんがすごく押していて、点差をつけていたのですが、後半戦になると、それまでに蓄積されていたダメージのせいか、相手チームに点をとられてしまいました。
後半戦終了の少し前にGorogoroさんがゴールを決めて、GorogoroさんがサッカーAライトウエイトプライマリ世界1位になりました。
綺麗に相手の攻めてくるのを受け止めて攻め込んでいたのですごいと思いました。
試合の前に日本人を集めにいったり、困ったときはすぐに助け合ったり、と日本人てあったかいなーと思いました。

みんなで集合写真を撮って、その後ロボットの撮影会?みたいなかんじになりました。
他のチームのロボットを見ると、次に作るロボットのアイデアのもとになるし、みんなが写真を取り合っているのを見るのもすごく楽しかったです。

明日のファイナルにはサッカーAライトウエイトセカンダリのチームは全チーム出場できるようなので、相方たちがロボットを修理していました。
なんとかなりそうです;

世界大会は明日で終わりなので、がんばりたいです(*★ω★*)

追記

ロボカップジュニアって19歳(7月1日)まで参加できるらしいので、
僕は今17歳で誕生日8月だから2回出れるみたいです(*★ω★*)

あと1回じゃなかった^^!!

4日目

6/21
僕の眠さは時差ぼけっていうより徹夜明け?みたいな感じです。

今日のスーパーチームは、アジア系っぽい国のチームと、ヨーロッパ系っぽい国のチームと同じチームでした。
今回もなんとか話し合いが失敗せず、戦いたいチームを指名することができました。

1試合目の相手はドイツ?のチームでした。
そのチームのロボットの動きは昨日戦ったイランのチームと少し似ていて、このチームも勝ち筋がしっかりとしていたと思います。
結果は2-39ぐらいで僕のチームが負けました。来年度はこのチームの動きを参考にしたいと思いました。
この試合で気がついたのですが、昨日はキーパーチャージのルールが適用されていなかったようです。

2試合目も同じドイツ?のチームにご指名されて戦いました。
1試合目をしたコートと2試合目をするコートは同じで、1試合目のときにコンパスセンサの調子が悪そうだったので、コンパスセンサを使って自分の向いている方向を会わせるプログラムを若干修正しました。
そのおかげと、相手のロボットが後半戦になってから調子が悪くなったらしく故障にされていたおかげで、得失点差は1回戦目よりも減りましたが、負けてしまいました。

3試合目は、3日目に同じスーパーチームだったイスラエルのチームを僕が指名しました。
僕たちのチームのロボットの1番の問題『得点力のなさ』がよくわかる試合でした。
前半戦終了時に7-5と競っていて、僕はかなり焦りました。
後半戦開始前に相手のチームが審判の方に『このロボット(前にいる方)がちゃんとボールを追いかけてない』とクレームをつけました。
僕から見ると点がとれないだけでそんなことはないように見えるのですが、そのチームにはボールを追いかけていない見えたようで、審判の方がボールをロボットの回りに近づけてチェックしてくれました。
ロボットがボールを追いかけたので審判の方に問題ないと見ていただけたようで、そのまま試合を続けることができました。
試合の結果は13-8ぐらいで勝つことができました。

今日の成績は1勝2負 得失点差-15ぐらいでした。

僕はライトウエイトの外国の強いチームのロボットはだいたい動きが似ているな、と感じました。

今日の3試合が終了した後、ジュニアパーティがありました。
まず会場に着くのが試合があったために遅れたのですが、
僕たちが着いたときには、メキシコ人のような人が歌を歌ったり踊ったりしていて、
僕は最初、端っこのほうで見ていたのですが、他のチームの人やメンターの人が誘ってくれて、
一緒に写真をとってもらったり、拍手したり、つながって走ったりしました。
この”つながって走る”っていうのをどう説明したらいいのかわからないのですが、とっても楽しかったです。
僕を誘ってくれたことが本当にうれしかったし、ありがたかったです。
なので、僕もチームメンバーや他のチームの人を”つながって走る”やつに誘いました。
かなり疲れましたが、とっても楽しかったです。
ジュニアパーティのときに飾られていた旗?みたいなやつにいっぱい落書き?がされていてせっかくなので僕も書きました。
ろぼ
何を書いてるかわかるかな?

メキシコのジュニアパーティは日本のウェルカムパーティとは雰囲気が全然違っていました。
日本のウェルカムパーティは名刺を交換したり、いろいろ食べたり、と落ち着いた感じ?ですが、
メキシコのジュニアパーティは、名刺を交換したり、いろいろ食べたり、ということもするのですが、みんな踊ったりボールを飛ばしたり、つながって走ったり、すごく賑やかっていうか忙しいというか・・?
でも、メキシコのジュニアパーティはすごく楽しかったです。

ジョンミンを使ったロボットのチームと戦った日本のチームは押し合った時にモータに負荷がかかってモータやモータドライバが壊れてしまったと言っていました。僕のチームは予選のうちは、ジョンミンを使っているロボットのチームとあたらなそうなのでちょっとラッキーかなーと思いました。

明日も今日戦ったドイツ?のチームと試合があると掲示板に貼られていたので、少しテンションが下がりました>_<
でも今日よりも少しでも得失点差を縮められるように、できれば勝てるようにがんばりたいと思いました。

3日目

6/20
僕は軽くホームシックになってきました。

今日は初めてスーパーチームでの試合がありました。
今日はイスラエルと中国?のチームとスーパーチームになっていました。
1ラウンド目の試合がが終わった後、集まって「どこと戦うか」「どこなら勝てそう」「これは負けそう」など英語だったのでわかりづらかったですが、なんとか聞き取って戦うチームを決めました。
今回のスーパーチームの人はすごく友好的で話がこじれるようなことはありませんでした。
相手のスーパーチームはスイスとイランとどこかの国(聞くの忘れてました)の3カ国チームでした。

1試合目はどこかの国のチームと戦って、20-0で勝ちました。
相手のロボは2輪でした。相手のチームはレゴNXTをCPUに使っていて、モータをつける板はアクリル?みたいな素材に見えました。

2試合目はイランのチームにご指名されました。
結果は1-38か1-39ぐらいでぼっこぼこに負けました。こんなに点を取られたのは初めてだと思います;;
相手のロボはオムニホイールをつけていて、速くて、正確にゴールにボールを入れてきました。
そのチームは勝ち筋っていうか点の取り方がしっかりしていて、本当にすごいと思いました。

3試合目はスイスのチームで僕らが指名しました。
結果は8-17ぐらいで負けました。
そのチームのロボにはドリブラーとキッカーがついていて、ほんとに1.1kg?って思うほど作りがしっかりしているように見えました。

今回の大会では10得失点差制限ルールというのがあって、

10 goal difference limit rule

To avoid teams giving in order to have a better goal difference,the goal difference will be applied during this tournament:
・If a team wins with more than a 10 goal difference , the goal difference will be then adjusted to a 10 goal difference.
・If a team gives up or doesn't show up to their game:The following will happen after >= 5 minutes , the opponent team will win with a 10 goal difference.
・If a team doesn't have a working robot for 5 minutes or more at any one time, the opponent team will win with a 10 goal difference.

Google先生と一緒に翻訳すると、

10得失点差制限ルール
優れた得失点差を持つチームができることを避けるために、得失点差は、このトーナメントの間に適用されます。

・チームは10ゴール差以上で勝てば·、得失点差を10得失点差に調整されます。
・チームはあきらめたり、試合にこない場合:5分後以降にに相手チームは、10ゴール差で勝利します。
・チームのロボットがすべて故障で5分間以上退場している場合、相手チームは、10ゴール差で勝利します。

みたいな感じです。

このルールを適用すると僕のチームの今日の成績は 1勝2負 得失点差 -9 というものでした。
スーパーチームとしての成績は 2勝7負でした。
僕が試合の結果を言ったときに、「I win.」というと、スーパーチームの人がニコニコしながら「コングラッチュレーション!」と言ってくれたのがうれしかったです。
僕がたぶん一番多く話している英語は「Thank you」だと思います。

その後、僕のチームはもう一度インタビューがありました。
なぜあったのかというと、1回目のインタビューでは僕たちがきちんとインタビューをしている人たちに自分のロボットをきちんとアピールできていなくて、「ほんとに君たちが作ったの?」と思われたからだそうです。
野村先生からそのことを聞いて、「なるほど」と思いました。

日本語を話すとき、あまり考えずに話す。
例えば、主語を省略したり、目的語を省略したりして”なんとなく”で伝える。
でも英語は主語や目的語を省略すると意味がわからなくなる。
普段からきちんと考えて話した方がいい。

こんなかんじのことを聞いて、僕は「これから気をつけよう」と思いました。

松山さんに意味よりも意志を伝えることが大事だと教えていただきました。
そういうときにログブックを作っていると便利だということも教えていただきました。

長くなりましたが、世界大会での経験は、日本にいるとなかなか経験できないと思います。

僕は明日もがんばろうと思います。

2日目

6/19
今日の朝5時に目が覚めて、2度寝したら寝坊;;
朝ごはんはトルティーヤみたいなやつのなかにハムぽいのが入ってるやつを食べました。

会場に行ったのですが、受付までがすごく長かったです。
で、その後、スタッフの人がすごく親切でパドックに案内してくれたました^^

14:10からインタビューの予定だったのですが、前のチームが長引いたらしく14:25あたりから始まりました。
野村先生がいらっしゃったのですごく安心できました。まあ質問は英語ですが;
質問の内容を箇条書きで書きます。

・制御に何を使っているか→PICマイコンとか
・プログラミング言語
・メンバーの人数
・いつ活動しているか
・どうしてこのメンバーで活動しているか
・各メンバーの役割
・プログラミング・ロボット製作で大変だったこと
・使用しているパーツの買った物
・ログブックかプレゼン的なものを見せて

こんなかんじです。
ログブックは出発する前にtwitter見ながら書いたんでどうにかセーフ
こまめに書いてたtwitterが役に立った!

その後、ロボットの調整をしていたのですが、
最初はきれいだった練習用のコートが
コート
こんなかんじになってました!

どこのチームがしたのかわかりませんが、これアウトじゃね?とかって思ってました。

それと外国のロボちょー速かったです。
『あれ、俺のロボット遅すぎ・・・?』てなるぐらい;

それとオープンのチームと思われるロボはタンクがついているチームが多かったです。
しかもキッカーの威力がやばいやばい
コートの真ん中から撃ってそれが跳ね返って自分のゴールに入るぐらい;

試合は明日からなのでがんばりたいです(*★ω★*)
がんばって交渉失敗しないようにがんばるぞー!

1日目

6/18
成田空港からメキシコへ飛行機でびゅーん
機内食を2回食べました。
1回目が晩ご飯?みたいなかんじで 照り焼き か パスタ が選べました。
2回目が朝ご飯的なやつでハムとか卵ぽいやつとかありました。

その後、バスでホテルへ移動して、晩ご飯を食べました。
晩ご飯はバイキングでした。
タコスとかナチョスみたいなやつを食べました。
ナチョスは命の源(*★ω★*)

結局この日は 日本で朝ごはん 昼ごはん 飛行機の中で晩ごはん 朝ごはん ホテルで晩ごはん と
5回食事をしました! 
体重・・・

メキシコ なう

今メキシコにいます(*★ω★*)

昨日とかはばたばたしてたので更新できませんでした。
ちょっとずつ書いていきます。

もうすぐテスト

もうテスト目前のNaoです。
この日曜日にロボットを組上げました。
重さが電池190gとロボ902gで1092gぐらいです
でもカバーつけたいんであと5gは削らないとー;;っていう状態でテストに突入予定です。
土曜日にさらに削るか・・・
プロフィール

Nao

Author:Nao
Nao:ロボカッパー,Mtgプレイヤー

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2ブックマーク
ゆっくりみていってね
初音ミク 名曲メドレー


presented by 初音ミク オリジナル

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。