TJ3coreでのI2Cバス  ----qIchi

はい、今回は香川ノード大会で使おうとしたI2Cバスについて書こうと思います。
インターネット上にあまり情報がありませんので・・・・・

今回はTJ3coreを使ったのですが、まずTJ3coreには、I2Cで必要不可欠な4本のコードをさすとこが1個しかないということですね(笑)ちょっと困りました。
これはコネクタだけのちっちゃい基板を作るしかないです。

①4ピンのコネクタを、(使うTJ3coreの枚数)+(6chモーターコントロールボードの枚数)の数だけ基盤に立てる。
②コネクタの足をはんだでつなぐ。(TX,RX,5V,GNDそれぞれ)
③完成!!

これでつなげれるようになりました。

次にプログラムについてですね。
バージョンはTJ3Bの20120507とか、もっと新しいのもあると思います。
setupのコマンドが無く、右上に組み込まれちゃってるのがいいと思います。(←分かりにくいです、すみません)
そこにI2C I/O ID setupのチェックボックスがあるのでそれをクリックします。(一番新しいバージョンではAdvanced Modeの中にあります)
そうすれば変数もセンサーもプログラム内で、マスターとスレーブで切り替えられるようになります。センサーモニターも切り替えられます。

そして、マスター用・スレーブ用のプログラムを書いてさっきのsetup内で切り替えて、それぞれダウンロードすればOKです。

・・・・・・こんな感じですかね。ご参考までに。質問があれば私ではなくダイセンさんにお願いします(笑)


ああ長文  「レ・ミゼラブルより(嘘)」
qIchi
スポンサーサイト

qichi 2かいめっ!

他のチームの方のブログを見て、書きたくなりましてー
まったくNaoはあんまり更新しないんだから・・・。

香川ノードは・・・まあ言わないとして(笑)
まっすぐ走らなかったり、タイヤのゴムが外れたりいろいろアレでした。

ところで、新しいロボを作ろうと思うのです!!
今回は3日間ぐらいで(意味不)つくったので、ちゃんと計画的に作ろうと思います。
せっかく世界大会でたくさんのすばらしいロボットを見られたので、参考にしながら・・・
がんばりますっ

香川ノード大会終了

今年度MoonはAオープンに出場しました。
今回の僕たちのロボはこんな感じです。
DSC_0008.jpg
この写真の左側のロボを僕が作りました。右側のロボは相方のロボです。

大会の結果は0勝1敗1引き分けというぼろぼろな結果でした。
僕のロボの方位センサが青ゴール向きしか正常に動作しないということに気づいたのが1試合目が終わってからという手遅れ感。6-12で負けました。
2試合目はさぬきUDONさんとの試合でした。
方位センサの部分の不具合をなんとか修正できてギリギリ8-8で引き分けました。

僕のロボは試合中に電池ボックスを止めてる部分が割れるわ、カバーが破れるやでぼろぼろになりました。
今年四国ノードまでいけるかどうか怪しいので、とりあえず来年度に向けてがんばりたいです。

せーぞんほーこく及び現状

生きてます。

超音波センサからの出力データをまとめる回路のLEDがメイン基板と接続すると全部光りっ放しになるんですがorz
今日中に治したい。
プロフィール

Nao

Author:Nao
Nao:ロボカッパー,Mtgプレイヤー

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2ブックマーク
ゆっくりみていってね
初音ミク 名曲メドレー


presented by 初音ミク オリジナル

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
最新記事
月別アーカイブ